ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

春が香るエントランス

2017420222956.JPG清く可憐なコデマリが花をつけ始めました。さわやかな春風に揺れる小枝を見ていると、心底癒されるのです。

そしてこの花が咲くと

ある人を思い出すのです。

毎年やってくる4月21日はユーロアールにとり特別な日、

ある意味、創業年月日以上に大きな意味を持つ日でもあります。

2008年のこの日、ユーロアールの立ち上げからともに汗を流してくれた「同志」が旅立ちました。彼女には本当にお世話になり、また人として生きていくために必要な多くのことを教わりました。言わば私の師匠でもありました。

今はこの三次元物質世界で修業を続ける私からは彼女を見ることは叶いませんが、気配は日々感ずるものです・・・。

さあ明日からも元気に生きていこう。そしてたくさんの想い出話しを手土産に、いつの日か彼女に会いに行こう。

POC ATOM 降臨

201741014949.jpgロシア語表記「POCATOM」、英語表記では「ROSATOM」・・・

ロスアトム、言うまでもなくロシア国営原子力企業の名称だ。

2016年3月21日の稚ブログ「希望のテクノロジーであれ!!」にてその第一報をメモしたが、4月4日から7日までアレクセイ・リハチョフ社長率いる「ロスアトム」代表団が福島第一原発事故処理に関し、日本側に技術的かつ経済的効果の高いプロジェクト提案のため、日本を実務訪問した。

このプロジェクト内容、日露による協同 処理作業をどう進めるかと云う問題のほか、「フクイチには公開されていない『秘密』が数多くあり、戦後建前として歴代政権が掲げてきた米国との密約「非核三原則」の実態が白日の下に晒される」と云う説もある。果たして現政権は英断を以って負の遺産を断ち切り、ルビコン川を渡ることができるのか否か・・・。

幸運にもこの2017年、大統領の交代と共に米国の世界戦略が大きく修正され始めた。この「いま」と云う時期こそ、日本国に「神風」が吹いている唯一の時期なのではなかろうか。

1憶2千万の命と100年後の未来のすべてが、この英断にかかっている。

経過①: 3月10日の記事「 日露 原子力プロジェクト討議の用意

経過②: 4月6日の記事「 ロシア製中性子検出器は福島第一原発事故処理の救世主となりうる

追記:「こんなこと」やってる場合じゃないですよ!

クリプトカレンシー

201746231916.jpg「クリプトカレンシー」=「仮想通貨」=「ブロックチェーン」

そして、「ビットコイン」・・・

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行すると宣言し1年ほどた経ったこの4月1日、なんと日本政府が公式にビットコインなどの仮想通貨を支払手段として認める「改正資金決済法」を施行した。もうびっくり! ビックリ! 「ビックカメラ!」である。

10年ほど前までは「仮想通貨」などと云う発想すらなかった。もっぱら金(ゴールド)やダイヤモンド・書画骨董などの現物に替えての蓄財、またはオフショアへの「合法的」逃避くらいだった。しかし時代は変わった・・・。

 ビットコインが誕生したのは2009年1月3日(土)だが、当然まだ誰も注目する人などおらず、市場もなく、それゆえ価格もなかったのだが、これ以降、ビットコインにさまざまな人が注目。特に資金の国外逃避需要が過熱した中国の爆買いもあり、取引価格は一気に上昇した。この「世界の金融常識」を一変させたビットコインの 開発者とされる正体不明の「サトシ・ナカモト」なる人物、実は実在する人物(本名ではないはず)で、日本のある大学の教授との説も・・・

「ビットコイン」と云う聞き慣れない名詞を多くの人が認識したのは2014年2月、東京渋谷に本社を置くビットコイン交換所「マウントゴックスが破綻」したニュースが世間を騒がせた時だが、この時点でも、「それ見たことか!」、「なんの裏付けもない怪しい取引!」等々、散々だった。時の財務大臣、麻生太郎も「早晩破綻すると思っていた」とコメントしたが、それとは裏腹に各国政府は ビットコインを認める方向で動き始めていたし、日本でも金融庁が規制づくり(存在と運用を認めると云うこと)に着手したとの報道が2014年7月に流れていた。

しかし、思うに、「何の裏付けもない」と云う意味においては世界各国で使われている現在の貨幣システムはその最たるものではないだろうか。特に米ドル!!金庫に100万円しかないにもかかわらず100億円の貸し出しをしてその債務者から「利息」を取るというユダヤ金融システム・・・。このことの方が「P2P」システムで動くビットコインより数百倍の損害を利用者にもたらしている、と思うのだが・・・。

「P2P」(ピア・ツー・ピア)、つまり、ビットコインネットワークの参加者同士で取引の管理を可能にするアイデアで、先の開発者「サトシ・ナカモト」の論文の中の革新的部分がこれだ。 銀行やクレジットカードの発行会社のような管理者、すなわち、既存の中間業者が不要になったと云うことだ。

現在日本では「ビットフライヤー」が取引の窓口になっている。時代は大きく変化し始めている・・・。

Japan CAVIAR 1983

201732823112.jpg 誰が言ったか知らないが、世界三大珍味はキャヴィア、フォアグラ、トリュフと云うことになっている、らしい。有色人種代表としては、納豆、くさや、沢庵漬けをノミネートしたいところではあるが・・・。(←無理を承知のゴリ押しプレイw)

1991年12月25日 、ミハイル・ゴルバチョフ大統領の辞任に伴いソビエト連邦が解体され国家自体が国際金融資本の手に落ちた。以降、ソ連時代の国有財産・資本・国富はタダ同然でユダヤ金融資本に略奪されていった。

キャヴィアと云えば何と言ってもカスピ海&アムール川産が長らく世界の主要産地であったわけだが、連邦崩壊と同時にそれまで連邦政府が管理していたキャヴィア市場もマフィアの仕切るところとなり、乱獲による個体数の激減と合わせ価格の高騰をみることとなった。その結果、ワシントン条約により2006年以降の「カスピ海産キャヴィア」の国際取引は「当面」禁止となって今日に至っている。

そのような状況下、世界各国でチョウザメの養殖が始まった。日本も例外ではなく養殖キャビアの生産が行われた。釜石市出資の第三セクター「サンロック」が2003年12月に日本初の商品化に成功、その後釜石キャビア株式会社に引き継がれたが東日本大震災の津波被害で養殖場は壊滅、釜石キャビア株式会社も解散し消滅した。それ以外では高知県高知市、岐阜県高山市がベステルチョウザメの養殖を、2015年には岡山県新見市、愛媛県四国中央市、愛知県豊根村なども養殖プロジェクトに取り組んでいるしている。(シロチョウザメとアムールチョウザメの交雑種でキャヴィアとしての価値は低い)

さて本日のお題、「宮崎発:国産キャヴィア商品化」。1983年ソ連から贈られたシロチョウザメの孵化と養殖に成功した宮崎キャビア事業協同組合、現: ジャパンキャビア株式会社のお話し。

宮崎県では1983年にチョウザメの養殖技術に着手、2004年に全国で初めて卵を孵化させ育てた成魚から卵を採取する完全養殖に成功。2011年にはチョウザメの稚魚の量産技術を国内で初めて確立した。2013年冬、「宮崎産フレッシュキャビア」として発売を開始すると発表。2013年11月22日、「MIYAZAKI CAVIAR 1983」という名称で全国発売が開始された。TV東京系の「ガイアの夜明け」でも取り上げられたのでご覧になった方もいらっしゃるのでは?

しかしながら価格面でロシア・シベリア産の約2倍強。普段使いには少し躊躇する。φ3,5mm20g=¥12,000也

東南アジア方面への輸出に力を入れているようだが、もちろん国内販売(冷凍状態での通販)もあるので、近日中に購入させていただき味わってみる予定だ。ジャパンキャヴィアさんのサイトには「上手な解凍の仕方」と云う親切なページの用意もある。

2013年は15kg、2014年は60kg、2015年には200kgを出荷し、2019年に2000kgの出荷を目指している。

2015年9月18日、経済産業省と水産庁が宮崎県などが生産する国産キャビアの輸出を解禁した。

再掲:花粉症事変と乳酸菌

 2016342295.jpgこの写真・・・

見ているだけで目カイカイ・鼻ムズムズ・・・

そして、その辛さは次第に怒りへと変わってゆく(怒)

小生、前世が「杉」だったので症状は出ないのだが、スタッフ全員ボロボロで、もう仕事になりません!! 2016年3月7日の記事の再掲載です!!

 

表層のメディアは「花粉飛散予報」や「花粉症対策」は連日熱心に報じるが、既に知られている根本原因を大きくそして深く取り上げることはない。決してない。なぜか・・・ 

そこには毎年膨大な量の医療備品(マスク等)や対処薬の市場が存在するからだ。それも永久に・・・ 花粉症対策市場規模は約1000億円市場ともいわれている。 わかるでしょ?

原因は様々言われている。遺伝であるとか、大気汚染であるとか、「バケツ理論」まで飛び出した。しかしもし大気汚染や遺伝が主原因であるのなら、なぜ「大気汚染症」や「遺伝症」と言わず、「花粉症」と言うのだ??やはり「花粉」が主原因だからではないのか??

イネ科、ブタクサ、ヒノキ、スギなど様々言われる原因のうち、一番疑わしいのはやはり「スギ」ではないのか。1944年ごろから戦後にかけて行われた政府による植林計画では住宅復興政策のもと、国土の山々は保水性が高く木の実を付ける落葉樹(クヌギ、コナラ、ブナ etc )が伐採されスギやヒノキに植えかえられた。それも成長が早い品種で・・・。実はこれが現在日本人が悩まされている花粉症の主原因(日本特有のもの)だということを多くの人は知らされていない。ご存知のようにカナダや中国など海外にもスギは多く存在しているが、アレルギーを引き起こす花粉を飛散させる品種は日本固有の「早熟種」だけである。

ついでに因果論を云うなら、木の実を付ける木々を伐採したことにより山奥に暮らすシカやクマたちの食糧を人間が奪ってしまった。人里での「鳥獣被害」と云うもののもう一つの側面がここにある。そして河川の氾濫も然りである。

戦後、社会・経済が安定してくると東南アジアから安価な木材(ラワン等)が輸入されるようになり、国策として植林された杉山は放置され忘れられていった。合わせて、林業に携わる人々の高齢化と後継者不足がそれに拍車を掛けた。これが現在日本における林野の現状であるが、昨今、株式会社やNPO法人による山林再利用&再開発の動きもあるにはあるがまだまだだ。

思うに、これを「次期選挙のマニフェスト」のひとつに掲げる集団はないものかと・・・ 改憲・防衛問題も結構だが、雇用、消費税、年金・福祉と同様、身近でかつ深刻な問題ではないだろうか。必ずや国民的支持を得るはず!ではどうするか。国策として推進した植林であるのだから、国策として伐採すればよいのだ。名付けて「バイバイ・カフン・ニューディール」w そしてそのあとに緑豊かな森を再建すべく、ドングリなどの実を付けるシイやコナラ、ブナなど落葉樹を植林してゆく。

フリーターや現在職探し中の方、また有給を取って参加の会社員も大歓迎!性別・年齢不問!日給1万円 / 日払い!都心より現地までバスの送迎あり!昼食支給!まあ現実にはチェーンソーを扱う危険や倒木の下敷きになるリスクなどあり、あくまでも職人の補助業務が主体になるとは思うが・・・。そして切り出された木材は「100%政府買い上げ」。税金で買い上げた木材なのだから、公共施設の新築・補修事業に供すればよろしい。農家のための「政府米買い上げ」と同じ。言わんとするところは、そういうことだ。

さて、感度が鈍いせいか筆者は幸い未だ罹患してはいないが、周囲にはその「犠牲者」がたくさんいる。そんな折、「クスリ」ではなく「食品」としてこの問題に挑戦している案件を見つけたのでご紹介。あくまでも一企業の宣伝ではなく、「L-92 乳酸菌」の作用に注目しているからだ。酵素・酵母・乳酸菌が生きている「ナチュラルチーズ」をはじめ、やはり次代は菌類が人類の免疫力を向上させるとともに、地球環境を中和させる、か・・・。 「クスリ」とは、逆から読めば、「リスク」である。

「医療異端者の告白」  Confessions of a Medical Heretic

201722713119.jpg 現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 

1979年 ロバート・メンデルソン医師(1926-1988)

 

「白い巨塔」内に於いては疑うよりも信じた方が生き易いのは致し方ないこと・・・。誰しもその立場にあれば同様の反応をするだろう。

いまから10年前、私は担当医師自らが「自分の身内には使わない」と断言した薬剤の投与に同意してしまい、たった一人の大切な人を亡くした。当時の私は無知だった。余りにも無知だった。それでも必死に抵抗はした。勉強もした。当時最先端であった大阪大学医学部付属病院が開発したばかりの代替医療にも挑戦した。しかし駄目だった。駄目だった理由、即ち、「最初にボタンのかけ間違いをした」と云う事実。このことに気付くまでに私は更に一年と云う歳月を必要とした。

いまの私には、このメンデルソン医師が到達した「見識」、いや、さらに昇華された「胆識」に深くそして深く、頷くものである・・・。 「In Deep より」

王德順(Wang Deshun)

201721921212.jpg魂は永遠であり、誰もが数千年の旅を続けている。

しかしながら、今この肉体に宿り様々な経験を積むために許された時間は、わずかに100年あまり。

なればこそ、その短い時間を思い切り芸術的に演じ切りたい。いま思いつくすべてを注ぎ込んで・・・。

1936年生まれ、王德順

24歳:劇場俳優

44歳:英語を習い始める

49歳:自分のシアターパントマイム集団設立

50歳:ジムに通い始める(現在も1日3時間のトレーニングを継続)

57歳:ステージに戻りパフォーマンスアートの世界で唯一のフォーム「Living Scrulpture Performance」を確立

70歳:ステージを去りモデル業界に。初のランウェイ、そして現在に至る

鋭い眼光と優しさを湛えた慈悲深いその眼差し。自身の意思を明確に伝える発声、そして力強い手の動き・・・。自己を厳しく律し得た者だけが到達できる境地か。

人は年を重ねるが故に老いるのではなく、何かに挑戦する心を手放した時に老いるのだろう。彼を見ているとそう思わずにはいられない。

英文字幕付きは「こちら

世界の果ての通学路

20172104653.jpg世界の果ての通学路」と云うドキュメンタリー映像を思い出した。もう4年も前になるかな。パスカル・プリッソンと云うフランス人ドキュメンタリー作家の作品。とにかく、とにかく素晴らしい。

世界には想像を絶する道のりを超えて学校に通う子供たちがいる。子供を送り出す親が言った、「象に気を付けるんだよ」の言葉に感動した。

以下、作者のことば・・・

ケニアのマガジ湖の近くで、野生動物を題材にした映画のロケハンをしていたら、遠くから3人の若いマサイ族の若者が走ってきた。呼び止めると、彼らは夜明け前に家を出て、丘や湖を越え、2時間も走って学校に通う途中だという。最年少の子は誇らしげに石版やペンを見せてくれた。そして、「遅刻するから」とすぐに走り去ったんだ。ショックを受けた私をそこに残してね!  私はとても感動した。私自身が世界を旅するために学校を中退したからかもしれない。それまで私は旅先のサバンナや森で彼らのような子どもに多く会ってきた。だけど、僕はその日まで、子どもたちが勉強のために偉業を達成しているなんて思いも寄らなかった。その時、命の危険を冒してでも勉強に打ち込む子どもたちを主人公にしようと、この企画がひらめいたんだ。

映画〖世界の果ての通学路:予告編 〗で・・・

さあ、あなたはこの映像から「何」を感じ取りますか?

シュメール16菊花紋とガイアの法則

201712805137.jpg昨日の28日は新月だった。新月には「思い」が現実のものとなるといわれている。更に、我々の人体生理周期も29日でこの周期に連動していると云うのも不思議なものだ。

新月(満月)のたびに思うのだが、ここ数年で我々を取り巻く環境が随分と、そして劇的に変わってきた。地球規模での大転換が始まったと勝手に確信している今日この頃・・・。この感覚は、雑踏と喧騒を離れ静寂の中に身を置かなければ決して受信できない。

千賀一生(ちがかずき)著「ガイアの法則」

我々がいま目にしている世界的な現実は、「ゼロ度文明(アングロサクソン文明)」の終焉とともに始まった「135度文明」への覇権転換であり、超古代文明であるシュメールの叡知の降臨である。

天岩戸開く。

用語注釈: 東経135度とは? これは淡路島から明石を南北に走る経線。日本の「標準時」にも使われているこの東経135度に、いま地球のエネルギー磁場が移ってきている。

「逆説の10か条」ケント・M・キース

2017127232131.jpg逆説の10ヵ条 (The Paradoxical Commandments)

1.  人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。

2.  何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

3.  成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。

4.  今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

5.  正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6.  最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7.  人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8.  何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。

9.  人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。

10.  人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。

 

読後感想: 「アメリカにもちゃんと徳の高い人がいるんです!!」

ページ上部へ