ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ガイアの法則

2017614224440.JPG先日知り合いの岡田さん(おかちゃん)から「ガイアの法則 Ⅰ」を譲り受けた。表紙の裏には Keiko & おかちゃん のサインがあり、なんでも「この本が小生を指定した」そうだ・・・。まあその経緯や詳細は不明だが、そういうことらしい。

この本は題名の通り、「ガイア(地球)の法則(周期)」を解き明かす内容なわけだが、以前より本の存在自体は知っており概略もおおよそ把握していたが手に取ったことはなかった。

著者である千賀一生氏によれば、『最終章である「愛と性に秘められた人間存在の真実」が大切であるとの啓示を受けた』そうだが、なんとそれは「ガイアの法則 Ⅱ」の最終章。

で、南米のジャングルの名前の会社に注文w 無事に「Ⅰ」に続く「Ⅱ」が揃ったところで通読開始です。

 

「ガイアの法則」概略・・・

地球で興る文明は繁栄と衰退を800年ごと、1600年周期で繰り返す。

シュメール文明をはじめ、地球では1600年ごとに新たな文明が産声をあげた。

1つの文明は前半800年間は栄えていくものの、後半800年は衰退して消えていく。そして、面白いことに、西洋と東洋で800年ごとに、この繁栄と衰退を繰り返している。

西洋で繁栄の時代が800年続くと、その頃の東洋は800年の衰退文明となる。一方で西洋が衰退の800年周期に入ると、今度は東洋が800年の繁栄の周期に入る。それも文明が発祥する場所が経度22.5度でぴったり、そして1600年周期で移動していく。

このリズムを刻んで近代まで続いてきた地球文明だが、直近の転機となったのは1995年。この年に西洋では800年の繁栄期が終わり、東洋の800年の繁栄期が始まった。

その繁栄期が終わった西洋の文明中心地がイギリスのロンドン。そして、これから繁栄が始まる東洋の文明中心地が、東経135度、日本の明石・淡路島ライン。

大きくみれば、イギリスを中心とした西洋の時代が終わり、日本を中心とした東洋の時代へとバトンが切り替わった。その産声が、1995年に起こった阪神淡路大震災。

なぜ、英語が世界共通言語なのか、なぜ世界の標準時計がイギリスのグリニッジなのか・・・。

なぜ、イギリスのエリザベス女王は、陰の世界であれだけ大きな力を持っているのか・・・。

それは宇宙、地球の流れとして追い風であった時代が長くあったからだが、ただそれも今は時間切れでバトンタッチの時代。今年の夏至(6月21日)を境に西洋型の文明は衰退、特にイギリスという国は大きく変化するだろう。

今年の春分(3月20日)にアメリカのデイビッド・ロックフェラーが101歳で逝去。盟友のズビグネフ・ブレジンスキーも5月26日に89歳で逝去。今年の夏至以降、イギリスを中心に世界をコントロールしているメンバー達にも大きな変化が・・・。例えば、ロスチャイルド家やエリザベス女王など・・・ 今の立場を引退するような出来事が・・・。

天下泰平メルマガ(6/10配信)より

 

沈む夕陽を追いかけて・・・

201766223613.jpg6月の月曜日

ハイウエーを南へ30マイル

沈む夕陽を追いかけて・・・

 

静かな午後、ひとり海辺のカフェでお茶です

時の流れが止まったかのようなアンティークな店内

シングルのエスプレッソをオーダーし

水平線に消え入る太陽を見送る

人は静寂と孤独の中にあればこそ、人を恋しく思えるのだろう

2017662382.jpg

常識とは、観念の一つでしかない

2017611120.jpg日頃我々が「常識」と考える事象のうち、いったいどれくらいのものが適切として良いものなのだろうか。

テレビジョンが伝えていたから、それは常識か?

新聞に書いてあったから、それは常識か?

それとも・・・

「みんながそう言っている」から、それが常識か?

すべては個々人の選択であり因と果。これは宇宙の法則であり科学的には作用と反作用である。我々は往々にして反作用にのみフォーカスし、怖れおののき、嘆き悲しみ、怒りさえも増幅させる。しかしながら、多くの人はそれ以前に自身が放った「作用」を忘れている。

前慶應義塾大学医学部教授、放射線専門の近藤 誠医師からの警告・・・

P-THP 前田浩 熊本大学名誉教授:再掲

201753022246.png P-THP の「P」はポリマー。「THP」 はピラルビシン。

あらゆるものは日々進化する。

人間そのものの「意識」はもとより、我々を取り巻くこの環境やテクノロジーも然り。我々は進化・上昇するためにこの地球にやって来ているはずだ。

この惑星上には現在70億の人間が在籍しているそうだが、そのうちの「何人」かは人類の進化をどうしても歓迎できないようだ。彼ら「何人」かは、進化するのはその「何人」かだけで十分と結論付けているかのようだ。

実際この2000年の歴史を振り返るとき、その証左は人為的に操作された「負の指紋」として随所に散見される。要するに、「進化を装った意図的な退化の歴史」であったと云うことだ。

しかしアクエリアス(水瓶座)の2000年が既に始まっている。

「フリー・エネルギー」、「大麻草の真実」、「常温核融合」、「オオマサガス」、「電力の空間送電」、「スターリング・エンジン」、「反重力装置」、「オフグリット」、「副作用のない画期的な抗がん剤」 etc ・・・

「価値観」や「前例」、そして「常識」と云う言葉の牢獄に閉じ込められた者には決して理解できない時代が、既に始まっている。

*本エントリーは2017年1月23日配信・稚ブログ 「前田浩 熊本大学名誉教授」の再掲です。

押してもだめなら、引いてみな

201752822303.jpg「押してもだめなら引いてみな」です。

それでもだめなら??

もちろん、「諦めな」ですw

人生すべからく、そんなもんです。気楽に行き(生き)ましょう。

もともと我々は、「思うようにならないとはどう云うことか?」を体験したくて、わざわざこの不自由な星にやって来ているわけですね。

思うようにならない事案に果敢に挑み、大いに悩み、悶絶し、しかし正面からそれらに対峙することで、初めて成長を我が物にできるのですな。たぶんw

そうそう、このドライバー君、「引いてみな」が足りないねw

小生なら、後ろ向きでゆっくり登るけどな・・・

人生最期の時、「あなたは何を後悔しますか」?

2017523215948.jpgロシア政府系の公式サイト SPUTNIK に、「人生最期の時あなたは何を後悔しますか?」と云う問いかけがあった。

後悔するであろう内容は人それぞれだろうが、ここでは1~15までの仮説を設定している。

まあ取るに足らない、いうなれば「どーでもいい」項目もあるにはあるが、「どーでもいい」と思うか思わないかも人それぞれなのだろうが、それでも小生にとって二つほど該当する項目があったのには恐れ入った。

この惑星上に生きる70億の魂たちは、皆それぞれのミッション(各自の課題)をもってこの星に転生してきているわけだから、おのずと悩みや後悔する内容も異なる筈だ。例えるなら、同じ大学の学生でも医学部の学生もいれば法学部や文学部、工学部、農学部の学生もいる。悩みや後悔にヒエラルキーはない。まあ、そう云うこと・・・。

何れにしても、たった一人で裸でやって来たのだから帰りも同じと云うこと。

そして許されている「機内持ち込み手荷物」 は思い出だけ。

であるならば、であればこそ、ひとつでも多くの良き想い出をつくろう。後悔なんてしてる場合じゃないぜよ!!

3Dプリンターで牛乳を作る!?

2017516235846.jpgA:「もうたいへんです!!」

B:「はい、事件ですか? 事故ですか?」

A:「両方です!!」

B:「両方って、あーた・・・」

もう、印度人「も」ビックリではなく、印度人「に」ビックリ!!

まんまです(笑)

人工知能(AI)によるシンギュラリティー、中央銀行による預金封鎖、主要金融機関のビットコイン承認、北鮮のミサイル、やる気のないカールビンソン、フランス大統領にマックロ・マカロン・・・

そんなものが、もうどうでもよくなってしまうほどの大事件です!

具体的には、牛のDNA情報から3Dプリンターで配列を再現し、そのDNA配列をイースト菌に注入。こうして作られた人造イースト菌が牛の体内で行われる糖発酵を再現し、本物の牛乳タンパク質(カゼインと乳清)が作られる。これを植物由来の脂肪と栄養に混ぜれば乳糖が入っていない牛乳が完成する。 そうだ。

3Dプリンターを使い、しかも本年度中に商品化するそうで、時代は動いております。

そういえば、「3Dプリンターを使い24時間で家を建てる」というロシアの情報、「3Dプリンターで透明なガラスを作る」というドイツの情報もあったなー。 3D恐るべし! の、今日この頃です。

「マカロン」といえばフランスだよね

201751113442.jpg「マカロン」と云うフランス菓子にそれほど思い入れがあるわけではないのだが、数年間のフランス滞在中にはオペラにあるラデュレ本店やシャンゼリゼ店で何度かお茶をした記憶がある。まあ、その程度・・・。

旅行者はよくお土産に買うようだが、とにかく壊れやすい。日の本到着時には「マカロン・プードル(笑)」になっていることもしばしば。

マカロンのオリジンには諸説あるがさして興味はない。美味しければそれでよろしい。

個人的には東京・渋谷のVIRONで買える大き目のピスタチオ・マカロンが好きだな。

そんなこんなの「マカロン」だが、今般の仏国大統領選挙の決選投票に残ったのは極右の「タグをつけられた」マリーヌ・ル・ペンと「中道を装った」エマニュエル・マクロン。

4月下旬、最後に残ったこの二人を見て、「なぁ~んだ、ル・ペンとマカロンか」と冗談を飛ばしていたのだが、これがまんざら冗談ではなかったと云うニュース。なんと、24歳年上の次期大統領夫人 トロニュー・ブリジットの実家がマカロンで有名な菓子製造会社だったと云うオチ。彼女には「マクロン」が「マカロン」に見え、甘い香りと共に得も言えぬ親近感を覚えたのかもね・・・。

何れにしても、「中道を装った」マクロンがこれから数年間のフランスを仕切るわけだ。その驚愕の未来予想は「ココ」にも・・・

今回、彼を支持したか否かに係わらず、これから始まる「国際金融資本の跋扈、遺伝子組換え作物問題、移民問題、EU連合継続問題、NATO問題、対シリア問題、対ロシア問題」政策に、フランス国民全員が付き合わされることとなる・・・。

生活習慣病

201757152011.jpg「♪ わかちゃいるけどやめられない~ ♪」

これを世間では、「生活習慣病」といいます。

厚生労働省によれば、生活習慣病は、「思考習慣、飲食習慣、行動等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義。具体的には、これまで成人病と呼ばれていた「主に中年期以降に発症」するありふれた疾患群だそうです。

まさに、厚労省のこの定義にピッタリの事案が「またも発症!!

この「今さえ、自分さえ、お金さえ」の三さえ習慣病・・・

早めに完治させないと、ご本人はもとより日本国民全体が幸せになれませんよ。永久に・・・

しかしながら現実は・・・

5月の昼下がり

20175321519.JPG五月の連休初日・・・

お店の生け垣の「テッセン」が可憐な花を着けました。

昨日は縦長のツボミだったのですが、アッと云う間に開花です。実はこのテッセン、植えてから3年めにして初めて花を着けたのです。それまではただひたすら「ツルと葉」だけの年月でした。「ツルと葉」・・・?? ツルハだぁー(笑) 近所にそんな薬局があったのを思い出し、ひとりニヤニヤしてしまった。言霊、言霊。

テッセンには数多くの品種があるようで、ユーロアールのテッセンは「紫子丸(ししまる)」と云う品種のようです。

 

201753215150.JPG本日よりこのテッセンを「ししまる君」と呼ぶことにいたしました。

よいな!

ししまる君!

ページ上部へ