ホーム>スタッフブログ>驚天動地>3Dプリンターで牛乳を作る!?
驚天動地

3Dプリンターで牛乳を作る!?

2017516235846.jpgA:「もうたいへんです!!」

B:「はい、事件ですか? 事故ですか?」

A:「両方です!!」

B:「両方って、あーた・・・」

もう、印度人「も」ビックリではなく、印度人「に」ビックリ!!

まんまです(笑)

人工知能(AI)によるシンギュラリティー、中央銀行による預金封鎖、主要金融機関のビットコイン承認、北鮮のミサイル、やる気のないカールビンソン、フランス大統領にマックロ・マカロン・・・

そんなものが、もうどうでもよくなってしまうほどの大事件です!

具体的には、牛のDNA情報から3Dプリンターで配列を再現し、そのDNA配列をイースト菌に注入。こうして作られた人造イースト菌が牛の体内で行われる糖発酵を再現し、本物の牛乳タンパク質(カゼインと乳清)が作られる。これを植物由来の脂肪と栄養に混ぜれば乳糖が入っていない牛乳が完成する。 そうだ。

3Dプリンターを使い、しかも本年度中に商品化するそうで、時代は動いております。

そういえば、「3Dプリンターを使い24時間で家を建てる」というロシアの情報、「3Dプリンターで透明なガラスを作る」というドイツの情報もあったなー。 3D恐るべし! の、今日この頃です。

ページ上部へ