ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

梅雨の入り・・・

20196916440.JPG関東も梅雨に入りました。

エントランスの紫陽花も可憐な花を咲かせます。

ふと見れば、一匹のカタツムリが・・・

やはり、紫陽花といえばカタツムリですねw

じつに絵になっています(爆)

貸借対照表(バランスシート)

201952702758.jpg企業経営においてはもとよりだが、一般家庭、果ては当ユーロアールのような泡沫組織に至るまで、すべてがこの「バランスシート」なるものを見ながら運営されているわけだ。だってそうでしょ?「家庭の全収入+保有する有価証券等+不動産+etc」-「ローンの返済+教育費+生活費+etc」=持続可能かどうかの結論。

この原理は規模が大きくなった「国家」の財務状況でもまったくおなじなわけですよ。負債と資産のバランスがとれていればよいのです。

昨今またしても「国の借金」とか、「国民一人当たり」とか大騒ぎしているオジサンたちがいるようなので、ここでいまいちど「正しい情報」を。と云うことで経済学者・髙橋 洋一氏の見解。ちょっと長すぎると思われる方はレジュメ的なこちらを。このどちらもだるい!と感じた方はこちらのアニメーション、私立Z学園の憂鬱(第1話~8話)を。

いや~、勉強になりますね~。以上!

ちなみにIMFが発表したグラフの「左から11番目」がわが日本国です。

木漏れ日の 昼下がり

2019524133039.jpg5月のそよ風に誘われて

ついついウトウトの午後です・・・

窓辺を彩る植物たちのシルエット

自然は、ただそれだけでアートですね。

 

こんな一瞬の出会いにすら、「創造」の心が発露します。

フランスより美男 et 美女降臨

2019519232126.JPG5月11日の土曜日、トーマ君(Tomas)とモルガンヌちゃん(Morgane)来店です。

トーマ君とは20年来の再会です。1997年当時は小生フランスにてチーズの修行中。彼はパトロンのジャン(Jean GAUGRY)の三男オリヴィエ(Olivie)の息子です。当時彼はたしか3歳か4歳。時折遊んであげた記憶がある。時は流れて2019年・・・1通のメールが届いた。

「ガールフレンドと一緒に日本へ食の探求の旅をする。ARATAに会いたいしお店も見たい」と・・・

すっかり大きくなり立派な青年になったTomasに感無量。同い年のMorganeちゃんはとても美人、そしてたいへんキュートな女性でした。

Jeanの子供は息子3人なんだが、長男のSilvan(他界)と次男Francoiは父親似だが、三男のOlivieは母親のDanielのDNAを多く引き継いだのか、とても美男子w。で、Tomasはその息子なのでとても美男子(弁証法w)。Jean、Francoi、Olivie&Francoise(Tomasのmama)も元気でいるとのこと。とても嬉しく、同時に懐かしさがこみ上げてきた。ブルゴーニュの風景が昨日のことのように思い出される。JeanとDanielをはじめ、GAUGRY家の人々には本当にお世話になりました。心より感謝の気持ちを伝えます。

ユーロアールでしばらく歓談ののち純和食のお店「晴庵」さんに席を移し、ユーロアールの女将お久姉さんと4人、素晴らしいひと時を過ごしました。

アボンダンス事変!!

2019519223428.JPG4月29日に日付が変わった頃より、フランスはサヴォワ地方のセミハードチーズ「アボンダンス=Abondannce」集中注文です! 集中具合が少々「クレイジー」では???

で、索敵機を飛ばし哨戒任務に当たらせたところ原因が判明いたしました!

クレイジージャーニー」。まんまですw

アボンダンス自体はAOP指定の名門なのですが、普段はわずかに指名客御用達チーズ。コンテやボフォール、ルブロションほど需要や知名度はなく知る人ぞ知る存在だったのです(日々店頭で接客している者の実感)。しかしまあ、これでまたひとつチーズのすそ野が広がったわけで、まことにめでたいです。

とにかく、いただいた注文順に順次お届けしてまいりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

共和国、ゼロポイントを失う!

2019417194332.jpg1000年に迫る歴史的建造物が焼失したことは非常に残念。心より、お見舞い申し上げます。人的被害がなかったことは何よりに思います。

この火災により、「フランス共和国はゼロポイントを失った」。

ゼロポイントすなわちすべての「起点」のこと。俗に「パリから西に~Km」といった場合、それはここノートルダム寺院を起点にしている。日本でいえば、お江戸日本橋。

さて15日の月曜日、午後7時少し前に発生したこの事案については既に内外のメディアがその詳細を報じているので省くが、その中でたった一つだけ気になる報道があった。

それは現場に駆け付けた一人のフランス人、ジェロームさん(37)の言葉だ。彼はこう言った。「なぜ火災が起きたかを知る必要がある。世界であらゆることが起きている中で、なぜノートルダムなのか? 天からのメッセージなのかもしれない」と。

まったく同感である。物事に偶然はない。我々が偶然と考える全てにおいて、偶然はない。すべての本質は必然の具現化であり、偶然とは、単に我々が「そうであってほしい」と願う幻想にすぎない。

第一義的、そして表層的には讃美歌を歌い祈り涙することは、表現のいち発露としてあり得るだろう。しかし、ある事象を前に、その形而上に隠されたメッセージに思いを馳せられるかどうかが核心。これこそが真の信仰であり個々人が求めるべき真の宗教、さらにその上層にある哲学かと思う。

権威 と 権力

20194121177.jpg神武天皇即位以来、数えて皇紀2679年の西暦2019年4月1日の今日、大化から248回目の改元が公告された。発布は新天皇即位の5月1日午前零時であるから、30年間慣れ親しんだ平成は残すところあと29日である。

権力とは移ろいゆくもの、権威とは悠久の時を超え受け継がれるもの・・・

従来の元号は中国古典からの引用を主としていたが、今回「出典を日本に求める」と云うことで、いわゆる日本最古の本格的歌集、万葉集からの引用となった。万葉集と云えば三十六歌仙の一人、大伴家持。そして菅原道真も外せないけどね。そういえば、あの「海ゆかば」も家持の「賀陸奥国出金詔書歌」からだったな。

さて、この報に接し小生は右や左の床屋談義ではなく、「いよいよ始まったな」と思うのですよ。それは「密約の終了と真の意味での主権国家の再興(やっと)」ということ。

それと云うのも、あまり知られていないが吉田茂と日本政府は1951年9月8日にサンフランシスコ講和条約で日米平和条約・日米安保条約に署名、翌52年2月28日には日米行政協定(日米地位協定)にも調印し今日に至っているんだが、この講和の舞台裏(密約)で日本政府は国防権・電波権・航空管制権を米国に差し出す見返りに戦後復興資金30億ドル(現価で約30兆円)を60年ローンで米国から借り入れた。実のところ米国はこの長期融資を裏書き(政府保証)しただけで、実際に資金を融資したのはアヘン戦争のアヘン取引で財を成したユダヤ系財閥サッスーン家(英HSBC)だが・・・。この、国民にはとても言えない国家間の約束を世間では「密約」という。

そして時は流れ2012年4月、日本政府は復興融資の借入金30兆ドルを完済し終えた。同時にそれまで巣食っていたジャパンハンドラーズのナイさん・アーミーテージさん・グリーンさんが官邸から出て行った。故に、彼らに指図命令された最後の総理大臣が野田(眼帯)と云うこと。そしてその後自民党が政権奪取し第二次安倍内閣を組閣。いまだに国民に一切の説明はないが、日本は融資の担保として押さえられていた国防権・電波権・航空管制権を既に米国から取り戻しているのだよ。とうぜん密約上は日米安保条約・日米地位協定は融資完済後に失効だろう。ようするに安保条約・地位協定は現在「解消」に向けたソフトランディング期に入っていると云うこと。それが証拠に12年5月、電波権の実質的回復の狼煙である東京スカイツリーが営業開始。羽田の発着枠も年6万回から13年に年9万回に拡大。航空管制権回復と「横田空域解消」も途上のはず。純国産ジェット機の三菱MRJや、ヘリ搭載護衛艦(空母)出雲などを見れば何が始まったかがわかります。

そんなこんなでいろいろありますが(笑)、いずれにしても、「令和」とは何と美しい響きでしょう。凛然として勇。好きです!! ますます日本が「日本であることの意味」を思い出してゆくことでしょう。135度文明・800年のはじまりです。

オマケ: 新元号、キラキラとしわしわの中間的響きもあり、今年生まれてくる赤ちゃんの名前に使われる予感が・・・。そして皇太子徳仁親王は1960年2月23日のお生まれですので、天長節は2020年(令和2年)2月23日となります。旧暦であれば3月の春分までは「令和元年」なのですが、残念です。ちなみに現天長節12月23日は平日になる可能性もあるとのこと。

追記:神戸女学院大学名誉教授で、思想家・武道家としても知られる内田樹氏の寄稿が素晴らしいです「こちら」。新元号決定までの裏話は「こちら」。

信じる、信じないは、あなた次第です(笑)

20193200030.JPGスイスで「チーズに音楽を聞かせると美味となる!」と言っておじさんたちが大騒ぎと云うことなんだが、何をいまさらの感がなきにしもあらずです。

日本でも高級マスクメロンにモーツァルトを聞かせたら甘さが増したという話しも昔あったな。

これらの話しは数値的に表すことが難しく、審査員と呼ばれる人々の「センス」に左右される部分大。しかしながら単に「気のせい」とばかりは言えない部分があるのも事実。

結論から言えばこれは最先端の物理学「量子力学」であり、医学の世界でいえばドイツが先駆の「波動療法」の理論でもあるのだな。ちなみにユーロアールでは損傷したDNAを修復する周波数「528Hz」を日々子供たち(チーズのことね)に聞かせています。

記事の中でヒップホップを聞かせたら味がマイルド(Mild)になった(気・が・す・る)とユダヤ系の審査員ベンヤミン・ルウズイおじさんが言っているんだが、なんともです。なぜなら小生の周りでヒップホップなる踊りをやっている子供たちはまったく「マイルド(Mild)」ではないからだ。例外なく奴ら全員さかさまの「Wild」(笑)

あれから8年・・・

2019310235626.jpg復興庁によると、被災地からの避難者は本年2月7日現在5万1778人。福島では、東京電力福島第1原発事故の影響でなお約3万2600人が県外で避難生活を送っている。

また警察庁によると、「311」の犠牲者は12都道県の1万5897人、行方不明者は2533人。復興庁が公表している、震災による負傷の悪化などで亡くなった「震災関連死」を合わせると、犠牲者は2万2100人を超える。

大切な人を亡くした心にはどんな慰めの言葉も苦痛でしょう。
どんな励ましの言葉も心に痛いだけでしょう。そのことを重々承知したうえで敢えて申し述べさせていただきます。

東日本大震災に於いて犠牲となられた多くの御霊へ、心から御冥福をお祈り致します。

9割の国民が原発の費用対効果のウソに気付いているが、それでもなお「再稼働をどんどんやるべきだと思う」と宣う経済界の重鎮もおられる。もっともこの御仁、ある人物に叱責され、「意図してそう言いはじめた」と云う報道もあったが・・・。

原発推進派は「原発は安全だ!」と言いながら、ではなぜ一大消費地である東京に作らず過疎地に作るのか?と問われると、「危険だからだ!」と真顔で言う。論理の破綻も甚だしいかぎりですが、コレが現実です。

再び「プラス18日」の法則発動か?

20193805516.png3月07日 00:46頃、ニュージーランドのL'Esperance Rockから南東134kmの地点でM6.6の地震発生。その後も 5:19/M5,7  6:42/M5,1  11:27/M5,0  22:02/M4,9 と続いている。

2011年2月22日、日本人留学生も亡くなったあのクライストチャーチ地震(ニュージーランド・カンタベリー地震)もピタリ311の18日前であった。

オセアニアが揺れると18日後にはわがヤマトの大地のどこかが揺れる。ファイヤー・リングと呼ばれる環太平洋火山帯は地中奥深くで繋がっているのだね。

よって今月の注意日は3月24日(日)の前後3日間あたりと云うことか。21日は春分の日(旧暦の元旦)で天秤座の満月、しかも大潮・・・

それにしても何故か大きなカタストロフは決まって「46分」・・・

あの米国911も46分(2001年9月11日 AM8:46)、阪神淡路大震災も46分(1995年1月17日 AM5:46)、東日本大震災も46分(2011年3月11日 PM2:46)・・・ 不思議だ! 実に不思議だ!

備えあれば患いなし

ページ上部へ