ホーム>スタッフブログ>チーズのお話し & お店情報>AFFINE AU 志賀高原ポーター
チーズのお話し & お店情報

AFFINE AU 志賀高原ポーター

20149722740.JPG
201497221450.png今年も9月11日(木)に開催されます。ル・ボー・マリアージュ・・・。http://www.beertaster.org/

このイベントは日本地ビール協会が主催するクラフトビール・フェスタ。例年このイベントに使われる「特製フロマージュ(一点物)」は、ユーロアールの工房から供給されている。昨年はたしか・・・ 桃のビールだったか? な?

「今年はこれで!」と、テーマとなるビールを置いてゆくのは横浜のビアパブ エル・ヌビチノのオーナー加治氏。氏曰く、うちの店はチャーリー・パパジアン氏公認!の(たぶん)世界一小さなビアパブ!と笑っておられます。

una Casa de Gubi Gubi El Nubichinom            http://ameblo.jp/el-nubichinom/


で、今年の宿題は志賀高原のポーター。長野県下高井郡山ノ内町の株式会社玉村本店謹製。アルコール分5,5%、麦芽とホップが効いたしっかりとした作品。選んだチーズは、このキャラと互角に渡り合えるものということで、スイスのセミハード・ウオッシュチーズ「テートゥ・ドゥ・モアンヌ」。

まずチーズ本体の表皮を乾かすことから始まる(これが重要!)。次に内部までポーターを届かせるための穴を専用針で均一にあける。そしていよいよポータービールを表皮全面に塗布。その後乾燥&塗布を繰り返すこと5週間・・・。この間不眠不休(ウソです)。現場では更に細かい対応があるが、これ以上の詳細をお伝えできないのが残念だ。で肝心の仕上がりはと云うと・・・                               

正解! 大正解!! 素晴らしい!! 実に素晴らしい!!! この世の物とは思えぬ香り、これまさに、ニルヴァーナの芳香・・・。

あとは、当日会場にお越しになるお客様が素敵なひと時を過ごされることを祈るばかり。黒衣の私の仕事はここまでです。

ページ上部へ