ホーム>スタッフブログ>驚天動地>「バター品薄」のそもそも論
驚天動地

「バター品薄」のそもそも論

20156921568.jpg2015年も年末に向けまたしてもバター不足」らしい。酪農家数の減少、従事者の高齢化などなど、原因は複合的であり「これが原因!」と特定できるものではないが、2014年4月から国産チーズ製造者に対し恒常的に支給されるようになった「加工原料乳生産者補給金」と云う補助金農水省は国産チーズの増産を謳い『チーズ向け生乳供給安定対策事業』としてチーズ製造に関わる乳業メーカーや酪農家に対し2分の1補助)の制度もバター製造に原料乳が回らなくなってきた理由の一つであるようだ。思えば2013年頃まではトイレットペーパーは聞いたことがあるが、「バター不足」は聞いたことがなかった。ちなみに、国産チーズ製造者に支給される補助金額は、生乳1リットルあたり15.41円である。

こういったシリアスな分析の他に、「オイルショック時と同様、無くなると聞いた民衆が買占めに走った為である」とする、~目線の呑気な分析もある、さぁ あなたはどう考えますか??
 

ページ上部へ