ホーム>スタッフブログ>2015年11月

2015年11月

HA-151128

20151128195756.JPGマダムが思い描く「小宇宙」です。

様々な色彩と造形が織りなす銀河の調べ・・・

集まれば

それは「宇宙」です。

イサヤの祝祭・ノエルが近づき、シックな小宇宙です。

「バター品薄」のそもそも論 Vol. 3

20151124231738.jpg独立行政法人農畜産業振興機構・・・

「Vol.1」 & 「Vol.2」とバターが品薄になるカラクリを、国産チーズ製造奨励の面とTPP交渉の両面から考察してきたが、今回の「Vol.3」は「品薄の根本的な原因」 についてのレポート。

冒頭の「独立行政法人農畜産業振興機構」とは、関係各省庁からの「再就職人材」で成り立つ「アレ」です。

読むほどに納得! です。

「また、おまえらかぁー!!」 と言いたくなるのは私だけだろうか? まったく! げきおこぷんぷん丸 で、ある!!

因みに、この「調整金を上乗せしてから輸入業者に再度買い取らせる」と云うやりかたは、もしTPPが妥結した場合には、米国が用意している「ISD条項」に十分に抵触する「価格操作と輸入関税障壁」に該当するだろう。どんな言い訳も通用しない。どんな尤もらしい説明も意味をなさない。単なる条約違反として片付けられます。甚大な罰則付きで・・・。さぁ、どうする??

遠くて近い国フランス・・・ France Paris Attacks

201511160024.jpgチーズに関する仕事をしていると自然にフランスとの関わりが深まる。若き日の3年を過ごしたブルゴーニュ。共に笑い語り合った仲間たちとの思い出。私にとってそのすべての記憶こそが、リアルな普段着のフランスなのである。

2015年11月13日の金曜日・・・

我が目と耳を疑う悲しい知らせが世界を駆け巡った。既報のとおりその発信元はフランス・パリ中心部。願わくばこの事件がウソであってほしい。

犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、怪我をされた方々の一日も早い回復を祈念いたします。またそれぞれのご家族、ご友人の悲しみが時の流れと云う大河に癒されてゆきますように・・・ RIP

14日(土)早朝に飛び込んできた第一報から、関連ニュースを追いかけている。直接の関係性は薄いようだが、15日早朝にはストラスブルグ近郊でTGVが脱線転覆、10名が亡くなる事件も起きている。

なにか、とてつもなく大きな何かが動いているように思えてならない。単に「ある集団」が起こしたようには思えない。根源的な問題は、その「ある集団」を背後で操っている者たちであろう。

事件から一夜明けた15日、89名の犠牲者を出したバタクラン劇場前でドイツ人ピアニスト Davide Martello 氏がジョン・レノンの名曲:イマジンを演奏、追悼とした。

 

イマジン : ジョン・レノン

想像して 天国なんか 無いんだよ

ねっ 簡単でしょう

地下に 地獄なんて 無いし

僕たちの上には ただ空があるだけ

さあ想像して  誰もが

今をただ 生きているだけだって

 

想像して 国なんか 無いと

難しくなんか ないでしょう

人を殺す理由も 自分が死ぬ理由も無い

そして 宗教も 無い

さあ想像して みんなで

ただ平和に 生きているところを

 

僕のこと 夢みがちだと 言うかもしれないね

でも 僕一人じゃないんだ

いつかあなたも 僕たちと仲間になって

世界は ひとつになるんだ

 

想像して 何も貪欲に持つものなどないって

あなたなら 出来るよ

欲張ったり 飢えることも無い

人はみんな 兄弟なんだって

 

想像して みんなが

世界を 分かち合うんだって

 

僕のこと 夢みがちだと 言うかもしれないね

でも 僕一人じゃないんだ

いつかあなたも 僕たちと仲間になって

世界は ひとつに なるんだ

 

ジョン・レノンはこのことに命をかけて、そして死んでいった。12月8日の真珠湾の日に・・・。しかし、彼の残したものは、誰かが引き継がなければならないはず。それは、今の時代を生きる私たちです。

マイナンバー届きました! キリッ!!

20151111143234.png個人・法人問わず、いま多くの方が気になり、かつ対応に苦慮している「アレ」の話しです。

法人番号指定通知書(平成27年10月5日付)が、先日国税庁長官名にて届きました。感無量です。ちなみに「個人通知」は総務省から届きます。

法人は個人と違い、数字は「13ケタ」です。車の登録と異なり「希望ナンバー」は叶いません。

3419696XXXX(ミヨイクログロ・・・・)とか、9671XXXX(クロウナイ・・・・)とか。

この後希望者には各種情報&履歴が書き込まれたカードが発給されるようですが、申請の是非は任意のようです。

さて、今般の「マイナンバー」の取り扱い方について、全国中小の小売事業者をまとめる全国中小業者団体連絡会(全中連)が10月27・28日両日に関係各省庁との交渉を行った。この結果、省庁側(内閣府・国税庁・厚生労働省)から示された回答が守山法律事務所・岩月浩二弁護士のサイトに解りやすくまとめられている。事業者の方は特に目を通しておいた方がよいと思います。

その他、巷の噂など諸々・・・

このマイナンバー、「通知された番号は本人以外に知られぬよう各自厳重に管理保管してください」となっているのですが、以下のような指摘も・・・

総務省:「マイナンバー作ったで! 他人に教えんようにな!」 。会社:「マイナンバー教えろ!給与の振込できへんでー!」。 視覚障害者:「点字無いからマイナンバーわかんないよぉ(´・ω・`)」。 総務省:「誰かに読んでもらって!」 これだけでドンだけ破綻したガバガバ制度かが解る。まったく・・・

そんな折も折、さっそく大阪の焼き肉店で起きた事件。通知されたマイナンバーに「2929(肉肉)」・「1129(いい肉)」があり店側にそれを提示すれば「焼き肉4人前が無料になる」というキャンペーンに内閣官房が「ちょっと まったー!!」

「 ・・・ 」

「もうね・・・、どちらもどちら、というか・・・」

私の耳に、何処からともなく「ひょっこりひょうたん島」のテーマが聞こえてきた・・・

いいねー! 最高に、いいねー!!

2015111104629.jpgシリアスかつ不快で不条理な話題が少なくないこの地上の憂鬱・・・

しかしながら、自身の思考のフォーカスを少しばかり変えられたなら、地球上のこの「同じ時」の中に、「違う世界」が同時に存在していることに気付かされる。

プラスとマイナス、昼と夜、陰と陽、女性と男性、あの世とこの世・・・ 月とスッポン ← これ間違い!!w

アラブ首長国連邦ドバイ

ジェットマン・・・(編集版)

エミレーツ航空・世界最大旅客機エアバスA380・・・

無編集・完全版はこちらです

第一作目のアップはこちらです(フルスクリーンモードでどうぞ)

国民1人当たり、約830万円の借金!?

2015111023237.png2015年11月10日大蔵省(現:財務省)発表。1億2千万人の国民一人当たり830万円の借金がある!!そうです。

830円ではありません!

830万円です!!

4人家族の場合、一世帯3320万円です。ガクガク・・・

この報に接し、私は日頃の自身の無駄遣いを疑い、家計の出費をいま一度精査し直しましたが、日々の生活必需品以外の出費は見当たりません。高級車の購入履歴ゼロ、高級料亭での会食履歴ゼロ、不動産購入履歴ゼロ、有価証券購入履歴ゼロ・・・もちろん、どこかの誰かに「寄付・募金」の履歴もゼロ。

まったく理由がわかりませんが、とにかく、あなたの借金ですといわれた830万円は返済の義務があるのでしょう。10年ローンで月額7万円の返済ですねw

太平洋の向かいにある「ゆないてっど・すてーつ」という国は更にスケールが偉大で、金利が1%上昇するだけで年間の利払いが25兆円増えてしまうそうです。合掌

いずれにしても人は生きていかねばなりません。不要不急の出費は抑えても、何よりの「財産」である自身やご家族の健康維持のためにも、ほぼ「完全食品」であるチーズは欠かさず摂取し、来たるべき祖国の「復活の日」に備えてください、w (了)

藍は藍より出でて、藍より蒼し

20151110174734.jpg私の弟子の中に、「お久さん」と云うえらく別嬪のネエサンがいる。

先日スタッフとブッラータの美味しい食べ方を検討していたときのこと・・・

通常ブッラータはオリーヴオイル&ブラックペッパーを添えて戴くわけだが、何か一工夫をと云うことで八朔のママレードが登場。ラベルを見ると「アオハタ」。で、私が「アオハタ」はキューピーのブランド、「アカハタ」は某政党の機関紙。では、「シロハタ」は・・・?と振ると、件のネエサンはすかさずこう答えたのだった。

降参に決まってるでしょ!!<キリッ>」  簡単明瞭! まったく・・・

師匠の私は椅子から転げ落ちましたが、何故かとても嬉しかったのです。知らぬ間に師匠のギャグを弟子が凌駕していたのです。

藍は藍より出でて、藍より蒼し・・・

*ブッラータとはモッツァレラの中に生クリームの入ったイタリアチーズ(¥980/1個=100g)、店頭で販売中です。

発酵食品の在る食生活は人を心身ともに健康にする

20151110125953.JPG東洋経済オンラインに寄稿された知見が興味深い。福岡県出身ベス・イスラエル病院名誉外科部長、新谷 弘実(しんや ひろみ)医師の臨床結果だ。新谷氏は有用発酵食品例として「和系」をあげられたが、もちろんヨーグルトやチーズ(プロセス以外)も含まれる。

戦前の日本に於いて当たり前だった食文化と食習慣は、国際金融資本がいうところの「グローバルスタンダード」の浸透に伴い危機的状況に陥っている。癌(免疫不全症)や成人病と云われるものも時を同じくして急増している。

元来、文化・風習・価値観などは「スタンダード」である必要など全くなく、むしろ多種多様であるべきと考える。地域により、民族により様々な文化や風習があるからこそこの地球は美しいのである。野山に咲く花々が、もしもたった一種類になってしまった時の景色を想像してほしい。

自由な発想と心、そして子供の目

201511100397.jpg 芸術の秋、です。

大自然の中に遊ぶ生き物たち・・・

「背景を活かす」と云う逆発想の切り絵アート・・・

露国在住、Nikolai Tolstyh さんの作品

自由な発想と子供のような心、そして視野・・・

大人になるほどに、時間の流れの概念は「リニアル(線形)なもの」と錯覚してゆくのだが、本来時間とは、「コンティニュウム(時空連続体)」なはずだ。子供たちはそれを本能で知っている。

いくつ歳を重ねても、「大きな子供」でいたいね。

10月26日のエントリー、「右脳左 et 脳」に続く第二弾です。 勉強になります。

ソース:

CANAL CAFE

2015119184815.JPG11月・・・

毎年のことで、千代田区富士見町の東京大神宮に御参りです。ここは「東京のお伊勢さま」といわれ、なかなか伊勢神宮に出向けない私のような者には有り難い。

これも毎度のことだが、「お願いごと」は一切しない。

年に一度ここに出向くのは、自分が生かされ今ここに存在しているその奇蹟に謝意を述べ、そして八咫の鏡に映る自身の心を見るためである。

たった一人でもいい。自分がだれかの役に立てているのなら、この一生は満願成就と云うことである。

参拝後、水辺のカフェでくつろいできました。

ページ上部へ