ホーム>スタッフブログ>驚天動地>空気から水を得る
驚天動地

空気から水を得る

20164903225.pngオーストリアのベンチャー企業Fontusが空気から水を抽出し、どんな状況でも旅行者が液体を手に入れられるようになるという魔法のボトルを発売。

おしゃれなサバイバル・グッズといったところ。

ウィーンのデザイナー、クリストフ・レテザルによる設計で、Fontusアイロ(レギュラータイプ、250ドル)とFontusライド(サイクリスト用、225ドル)バージョンでの販売

原理は小型ファンが特殊なフィルターを通して凝縮室に空気を吹き込む。そこにはいくつかの冷却剤があり、それが表面上の液体を凝縮させる。そこから液体がボトルのメインの容器に流入する。それだけ・・・

電源は、Fontusアイロの場合は太陽電池、Fontusライドの場合は走行時の空気の動き。

価格は現在43,390円だが、開発元は今後クラウドファンディングディングにて100ドルでの販売を目指すそうで、もう暫く待った方がよいかもね。

興味のあるの方、「こちら」が詳細情報

ページ上部へ