ホーム>スタッフブログ>自然・環境 & 健康・食・食糧・>前田浩 熊本大学名誉教授
自然・環境 & 健康・食・食糧・

前田浩 熊本大学名誉教授

201712303352.gifあらゆるものは日々進化する。

人間そのものの「意識」はもとより、我々を取り巻くこの環境やテクノロジーも然り。我々は進化・上昇するためにこの地球にやって来ているはずだ。

この惑星上には現在70億の人間が在籍しているそうだが、そのうちの「何人」かは人類の進化をどうしても歓迎できないようだ。彼ら「何人」かは、進化するのはその「何人」かだけで十分と結論付けているかのようだ。

実際この2000年の歴史を振り返るとき、その証左は「人為的に操作された負の指紋」として随所に散見される。要するに、「進化を装った意図的な退化の歴史」であったと云うことだ。

しかしアクエリアス(水瓶座)の2000年が既に始まっている。

「フリー・エネルギー」、「ゼロポイント・エネルギー」、「常温核融合」、「電力の空間送電」、「スターリング・エンジン」、「反重力装置」、「画期的な医療」 etc ・・・

「価値観」や「前例」そして「常識」と云う言葉の牢獄に閉じ込められた者には決して理解できない時代が、既に始まっている。

ページ上部へ