ホーム>スタッフブログ>感 動>解る人にのみ解る、あるべき人類の近未来像
感 動

解る人にのみ解る、あるべき人類の近未来像

2019817155036.jpg安冨歩(やすとみあゆみ)

東京大学東洋文化研究所教授

大阪府出身。京都大学経済学部卒業後、株式会社住友銀行勤務を経て、同大学大学院経済学研究科修士課程修了。京都大学人文科学研究所助手。ロンドン大学政治経済学校(LSE)の森嶋通夫教授の招きで、滞在研究員として渡英。京都大学大学院経済学研究科より博士(経済学)を取得。博士論文を『「満洲国」の金融』として出版し、第40回日経経済図書文化賞を受賞。名古屋大学情報文化学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授、情報学環助教授、東洋文化研究所准教授を経て、現職。

1990年代に非線形科学の研究を行い、2000年代にモラル・ハラスメントの概念と出会い、人間の心理を含めた研究に移行。中国古典、音楽、芸術を題材とする。2011年の福島原発事故後、政治研究を開始して「東大話法」の概念を提唱して話題を呼ぶ。2012年より音楽活動を、2015年より絵画を始め二度の個展を開催。2013年頃に女性装に移行、各種メディアに出演。現在は、馬との暮らしを取り戻すことで現代社会の困難を解決する研究に従事。

2018年に東松山市長選に立候補し落選するも、馬に乗って出馬するなど独自の思想に基づく選挙戦を展開し、対立候補の応援に来た竹下亘・自民党総務会長から、「今回の選挙は非常に難しいというか、今までの市長選挙ではない。何というか違う選挙になっている。よく分からない人が対抗馬として出ておりまして、自民党本部でもどうなっているんだろう?という不思議な思いを持っている」とコメントを受ける。

2019年7月、参院選挙立候補

ページ上部へ