ホーム>スタッフブログ>驚天動地>世界UFOデー
驚天動地

世界UFOデー

20197305922.jpg今日7月2日は「世界UFOデー」なのだな。

なぜ7月2日と云えば、あの1947年に起きた「ロズウェル事件」がこの日だから。

この手の話しには必ず陰謀論と云う烙印(表現?)が押されるが、実際に起きた史実を隠そうとする勢力は「それは陰謀論」といい一蹴、逆にその史実を公開しようと試みる勢力は「陰謀暴露論」であると主張。アラモの砦、トンキン湾、911、イラクの大量破壊兵器、311などもそうだが、宗教・政治・経済・歴史も含め、ずっとそんな感じ・・・。

しかしながら「事実はたったひとつ」が、世の習わし。たとえそこに至るまでの様々な理由や複数の経過が複雑にからんでいたとしても、結果としての事実はやはり「たったひとつ」。

一説には、ニューメキシコ州ロズウェルの農場に墜落したETV(UFO or OVNI)の乗員は4名で、その場で2名は即死、一名は収容先の空軍基地で死亡。残り一名は軽傷でこの乗員がのちのドメスティックUFO(地球製UFO)の建造に関与させられたという話しもある。さらに驚愕の話しは、DNA鑑定の結果これら4名の搭乗員は「日本人」であったと云うこと・・・。これがいったい何を意味するかと云うと、そうです!彼らは未来から時空を超えて1947年の地球にやってきた我々日本人の子孫であったと云うこと。

いい話しでしょ?

実際欧州が共同で研究しているあの施設「CERN」は、人工的に時空のゆがみを作り出し時空間を瞬間移動するための研究なわけですもんね。

まあこんなことを言うと「はいはい、わかりましたよ」とか、「ああ、またそっちの話しね」とか聞こえてきますが、どーしょーもない浮世の芸能ニュースに現を抜かしているより、かなり健康にいいですよ(笑)。

ページ上部へ