ホーム>スタッフブログ>自然・環境 & 健康・食・食糧・>コアラ大変だぁー!
自然・環境 & 健康・食・食糧・

コアラ大変だぁー!

2020120213148.jpg表題の「こりゃー大変だぁー!」は、当のコアラ君のお言葉です。

2015年頃だったか、彼らの主食であるユーカリの植生とコアラの個体数が合わないと云う、ただそれだけの理由で700匹ちかくを殺処分した。今度は森林火災で救助だそうです。クジラやイルカには一過言ある地元豪州のシーシェパードさん、何故かこの件には沈黙で???・・・w

いくら神からこの星の管理を一任されたといっても、やはり人間はまだまだ不完全の未完成の・・・ ですね。

この手の山火事はアマゾンをはじめ毎年起こっている。少し前のアマゾン森林火災の折にはマスコミがこの世の終わりかのような報道をしたり、誰とは言わんがデカプーとかいうハリウッドセレブが早速募金を申し出たり・・・ しかし地元民は、「毎年これ(天然焼畑)があるから農地が肥えるのよん」と、低深刻度。情報リテラシー及び、要ファクトチェック!

やはり様々な問題の「解」は会議室の中にはなく、大自然の中にあるのですね。

さて今回の豪州のブッシュ・ファイヤーと呼ばれる森林火災、去年の9月くらいから燃え続けているのでそろそろ5カ月になる。原因はインド洋ダイポール現象だの、大積乱雲による落雷だの、ユーカリ自然発火だの、放火で24人拘束されただの、まあいろいろ言われています。放火説に関してはこちらのファクトチェックを!

これから地球規模の気候変動(CO2温暖化はウソよ!)が進み、小氷河期サイクルに入っていくわけだが、豪州に限らず深刻な被害を受けるのは「大陸」なのだな。例えば欧・露・中共・米国・・・ 干ばつとなれば一気に干ばつ、寒冷化となれば一気に寒冷化と中間がないのですね。そこへ行くと当地大和国は四方を海に囲まれているので、熱波・寒波の影響は最後まで受けにくい。「鶴(伊勢)と亀(出雲)が統べった」大和国、地球規模の大災害ののち世界の民が目指す地がこの大和かもね。

後ろの正面だ~れ・・・

ページ上部へ