ホーム>スタッフブログ>自然・環境 & 健康・食・食糧・>日常生活で気を付けるべきこと
自然・環境 & 健康・食・食糧・

日常生活で気を付けるべきこと

20204120853.jpg今般のウイルス事変報道もそろそろ飽和状態になってきましたね。さまざまな意味で・・・。

しかしながら、結論として「では日々我々は何に気を付け、どのように生活すればよいのか?」との問いに対する明確かつ具体的な方法を知らされていないのではないでしょうか。毎年まいとし日本で1万以上が亡くなる冬のインフルエンザ流行時、我々が耳にしたのはせいぜい学級閉鎖くらいだったはず。それが今般は飲食系休業、興行系休止、商業施設閉鎖、居住地からの移動制限などまるで戒厳令前夜・・・。メディア情報を見れば見るほど、いったいいま何が起きているのか、どうすればよいのか、何が真実なのか、ますます分からなくなってきているのではないでしょうか。

SARS、MARS、エボラ、エイズ、インフル、コロナ、これらはすべて同じRNAウイルスによる疾患です。「ウイルスと細菌は何が違うの?」と尋ねられたことがありますが、細菌は物に付きますので汚染された物をそのまま摂取しなければ罹患しません。しかしウイルスは人体を宿主とするべく鼻や口、目から直接入り粘膜に着床しその後発症します。ここがまずその両者の大きな相違点です。であるならば、その侵入経路に留意した生活をすればよいのではないでしょうか。というわけで、政府機関・医療関係・マスメディア情報に不足していると思われる、「この具体的対策法」を参考にして頂ければと思います。心配ないですよ!大丈夫ですよ!がんばりましょう!

ページ上部へ