ホーム>スタッフブログ>自然・環境 & 健康・食・食糧・>ノーベル賞受賞者、奮起す!
自然・環境 & 健康・食・食糧・

ノーベル賞受賞者、奮起す!

20204150112.jpgこの方、たぶん皆様ご存知の山中伸弥・京都大教授です。そうです、ノーベル医学生理学賞を受賞したそれはそれは偉い方です。

で、この山中教授が最近「コロナ対策のまとめサイト」を立ち上げられたようです。内容的には、学術論文(査読済み・プレプリント含む)も一部掲載されていますが、多くは内外の各報道機関による既報情報、政府が提唱している公報の集積です。しかしよくまとめられているので、今般の「コロナ事変の全体像」を俯瞰する上に於いては有用かもしれません。これがあなたにとって役立つか否かは、日々降り注ぐ情報から「本当に知りたいものは何か」と云う、個々人の欲求のレベルによると思います。

カタストロフと云う事象は「人間の素顔を垣間見せる」と云う意味に於いて、たいへん興味深いものでもあります。今のいままで聖人君子と思われていた人物が実はそうではなかった、とか。逆に、社会の厄介者と思われていた人間が実は思いやりに満ちた心優しい人物だった、とか・・・。こんなこと、歴史上ではいくらでもありました。何故なら、歴史とは、「生き残った勝者」が綴る一大叙事詩にすぎないからです。

さてそれはさておき、ではその「人物の差異」はどこから生ずるのか・・・。

答えは簡単で、その人物の行動が利己的なのか、利他的なのかを見ればよいのです。政治家や官僚であれ裁判官であれ軍人であれ医者であれ、みな同じです。そして今人々の希求は、後ろから支持を出す「ボス」ではなく、自ら前線に立つ「リーダー」にあるように思われてなりません。

オマケ:「コロナにBCGは「有効」なのか?東北大・大隅教授が緊急解説

ページ上部へ