ホーム>スタッフブログ>その他諸々・日々雑感>ロックダウン・ストックホルム症候群
その他諸々・日々雑感

ロックダウン・ストックホルム症候群

20205712729.jpg地震・雷・火事・オヤジ・・・

4日・5日と続けて緊急地震速報、明けて6日は突然の雨と夜まで続いた雷鳴・・・

やること成すこと全てが頓珍漢の「アベこべ日本」に天からの警告か?

そんなゴールデンウイーク(実際は既に1か月w)の終わりに、みなさま如何お過ごしでしょうか。

為政者とメディアが煽る自粛ムードに人々は疲れはじめ、全産業が衰退と消滅に向けてまっしぐらです。潤沢な内部留保を擁する大企業とて音を上げるのは時間の問題となってきました。このままではこの疾病による直接の犠牲者より「関連死」が上回る予感さへしてきます。もう笑い事ではありません!故国存亡の危機と言っても差し支えありません!待ったなしです!

ここへきて市民が市民を攻撃する「自粛警察」なる勘違いをした輩による「歪んだ正義感の暴走」まで現出。まるで戦時中の隣組制度や特高警察の時代にタイムスリップしたかのようです。あぁ、国家が国民を一つ方向に向かわせる手順はこのようなものだったのか、と、いま実感しているところであります。この騒ぎが終息したのちの「検証」のためにも、いま「誰が」・「どの組織が」・「何を言ったか」・「何をやったか」を正確に記憶・記録しておくとことはとても重要と思います。2039年に向け、焦土を再生する上の様々な仕分け作業に役立つでしょうから・・・。

そして今日は「indeep氏」の記事「なぜ多くの欧米メディアは「スウェーデンの何もしない対策」を否定したがるのか」と、経済アナリスト藤原直哉氏の「日本経済の今後・・・」を問題提起の一助に・・・

ページ上部へ