ホーム>スタッフブログ>自然・環境 & 健康・食・食糧・>222nm紫外線による新型コロナウイルス不活性化
自然・環境 & 健康・食・食糧・

222nm紫外線による新型コロナウイルス不活性化

2020717235232.jpg日本はもとより、現在世界中の新型ウイルス対策がアナログ的(ローテク)解決方法に終始している中、なんと日本企業が超がつくハイテク技術を世界に供給しようとしています。いや、今般の状況に鑑み米国照明器具大手アキュイティー・ブランズ社にコア部品の供給がすでに始まりました。

開発企業であり供給元は光学機器メーカーで知られる「ウシオ電機株式会社」です。東京駅間近の丸の内に本社を構える世界的な光学機器の会社です。一般にはLEDやレーザーで知られていましたね。

もうホニャララ・ディスタンスだの、フェイスガードなどといった原始時代さながらの対応は不必要となるのは時間の問題です。ましてや、怪しげなマスクや治療薬、さらにはワクチンも・・・。

以下「数分の照射で新型コロナを不活性、人に無害な222nm紫外線が実用化へ」日経クロステック(高野 敦)より

 新型コロナウイルスとの共存が迫られるウィズコロナ時代において、“光明”となり得る技術の実用化が近づいている。その技術とは、波長が222nmの紫外線によるウイルスや細菌の不活化(感染力や毒性の消失)である。222nm紫外線は、「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんどない」という夢のような性質を兼ね備えているのだ。光源の開発では、日本のメーカーが圧倒的な優位にいる。

 2020年4月21日、米コロンビア大学(Columbia University)の発表が全世界に衝撃を与えた。同大学教授で放射線研究所所長のデービッド・ブレナー(David Brenner)氏らのチームが、222nm紫外線による新型コロナウイルスの不活化効果を実験で調べたところ、「勇気付けられる結果が得られた」(同氏)。この222nm紫外線を人の活動空間に照射することで、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制できる可能性があるという。同氏らのチームはかねて、222nm紫外線による様々なウイルス・細菌の不活化に取り組んでいた。

 従来、紫外線によるウイルス・細菌の不活化には、254nm紫外線が主に使われていた。254nm紫外線はウイルス・細菌の不活化効果こそ高いものの、人体に照射すると皮膚がんや白内障を発症させる恐れがあり、人がいない空間でしか使えなかった。人体に無害な222nm紫外線であれば、病院や学校、オフィスなどありとあらゆる公共・商業施設で常時照射できる。ウィズコロナ時代における経済・社会活動の範囲を大幅に広げられる可能性があるのだ。しかも、222nm紫外線の不活化効果は、254nm紫外線と同等水準が見込めるという。

 222nm紫外線でウイルス・細菌を不活化できるのは、ウイルス・細菌の遺伝情報を担うDNA(デオキシリボ核酸)や遺伝情報に基づいてタンパク質を合成するリボ核酸(RNA)に損傷を与え、複製による増殖能力を失わせるからである。DNAやRNAは、大ざっぱにいえば、塩基・糖・リン酸から成る化合物(ヌクレオチド)が鎖状に結合したものである。この鎖上において、チミン塩基(T)同士やシトシン塩基(C)同士、またはTとCが隣り合う部分では、紫外線によってこれらの塩基が結合し、シクロブタンピリミジン2量体を形成する。そうなると、DNAを複製できなくなる。これが、不活化の原理である(詳細は後述)・・・

ページ上部へ