ホーム>スタッフブログ>自然・環境 & 健康・食・食糧・

自然・環境 & 健康・食・食糧・

梅雨の入り・・・

20196916440.JPG関東も梅雨に入りました。

エントランスの紫陽花も可憐な花を咲かせます。

ふと見れば、一匹のカタツムリが・・・

やはり、紫陽花といえばカタツムリですねw

じつに絵になっています(爆)

木漏れ日の 昼下がり

2019524133039.jpg5月のそよ風に誘われて

ついついウトウトの午後です・・・

窓辺を彩る植物たちのシルエット

自然は、ただそれだけでアートですね。

 

こんな一瞬の出会いにすら、「創造」の心が発露します。

再び「プラス18日」の法則発動か?

20193805516.png3月07日 00:46頃、ニュージーランドのL'Esperance Rockから南東134kmの地点でM6.6の地震発生。その後も 5:19/M5,7  6:42/M5,1  11:27/M5,0  22:02/M4,9 と続いている。

2011年2月22日、日本人留学生も亡くなったあのクライストチャーチ地震(ニュージーランド・カンタベリー地震)もピタリ311の18日前であった。

オセアニアが揺れると18日後にはわがヤマトの大地のどこかが揺れる。ファイヤー・リングと呼ばれる環太平洋火山帯は地中奥深くで繋がっているのだね。

よって今月の注意日は3月24日(日)の前後3日間あたりと云うことか。21日は春分の日(旧暦の元旦)で天秤座の満月、しかも大潮・・・

それにしても何故か大きなカタストロフは決まって「46分」・・・

あの米国911も46分(2001年9月11日 AM8:46)、阪神淡路大震災も46分(1995年1月17日 AM5:46)、東日本大震災も46分(2011年3月11日 PM2:46)・・・ 不思議だ! 実に不思議だ!

備えあれば患いなし

種子法廃止から半年・・・

201891105115.png2018年4月1日「国民の生命線」ともいえる「食」の起源である種子法が、現政権により密かに廃止された。ほとんどの国民は知らないだろうし、たとえ知ったとしても近未来に起こる過酷な事態をイメージできないだろう。

政府は廃止の目的を、「種子産業への民間参入を促すため」と説明しているが、民間とはモンサント(現:独バイエルン傘下)をはじめとする外資を含むのは当然だ。ただでさえ「F1種子」が市場を席巻し、毎年まいとし種子を購入しなければ農業が成立しなくなっている。言わば「食の起源」を一部の企業やグループに支配されるということだ。ほんとうにこれでいいの?

現代農業の問題点を追った 農家ジャーナリスト・「松平尚也氏の連載」は見る価値ありである。また市民社会の動きにおいて中心となっているのは「日本の種子(たね)を守る会」。同会は種子法廃止決定後に設立され、有識者や農業関係者と議論を重ねてきた。

インパウンド優先の民泊解禁、IRカジノ法案、年金支給年の繰り下げ、消費増税、副総理は水道事業も外資に売ると言い出すし、彼らはいったいこの国と1億2千万の民をどうしようというのか。ただでさえ食糧自給率30%(穀物ベース)のこの国だ。軍事費6兆円より他にやることがあるのでは??と思う今日この頃です。

スヴァールバル世界種子貯蔵庫

スヴァールバル世界種子貯蔵庫を訪ねて

おまけ: 日本一おかき処・播磨屋本店も「Z旗」掲げてお訴えになっていますw 世直しデス!!

「プラス18日」の法則

2018910195129.jpg乙女座新月の今日、いろいろと考えております。

少し前までは「バヌアツの法則」と呼ばれていたんだが、いまは「フィジーの法則」というらしい。まぁどちらもオセアニア界隈なのでどう呼称してもよいが・・・。

で、この法則とはいったい何ぞや? 

過去記事でも再三触れてきたが、スマトラ、バヌアツ、フィジーを含むここオセアニア地域で巨大地震が起こると18日後(当然多少の ± はある)わがヤマトの大地が揺れるというものだ。これはスピ系でもトンデモ系でもなく、エビデンスのある統計学上の話だ。

実際2011年「311」の18日前には、NZクライストチャーチで日本人留学生も犠牲になったM6,1の地震があった(2011年2月22日)。覚えている方も多いと思う。しかし今回はそれを上回る「M8,1」であるからそれなりの準備が必要かと・・・。さらに、この危惧を確証に至らしめるウエザーニュース9月10日配信「NZ付近でM7,0」の報。プラス18日の法則でいくと、満月の25日前後を注視すべきかと・・・。

震源の深さ134Kmで津波の心配なしと聞くと素人は「よかった、よかった」となるが、ことはそれほど単純ではない。震源の深さが40Kmより浅ければ津波の心配もあるが134Km~大深度の600Kmともなれば津波など起きない。しかしながら「その揺れと歪み」は確実に地中深くのプレートに干渉する。人間も同じで、簡単に怒る奴よりなかなか怒らない奴の方が臨界点に達した時の破壊力は格段に大きい、だろ?

結論! 西日本の大洪水被害の終息と復旧を見ない中、9月6日3時8分、ご存知のように北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする最大震度7強の地震が発生した。どれだけ「正常性バイアス」の強い人間でもそろそろ気付かなければいけない。天は人々に「総員準備開始せよ!」と知らしている。

備えあれば患いなし、であるな。

納豆協同組合連合会

2017915211813.jpg好意的な者、嫌悪する者明確に分かれ、両者、之決して相容れることなし(笑)

納豆です。昔は蒸した大豆を納豆菌が潜む(正確にはほかの菌も混在)ワラに包むことで納豆を造っていたが、菌の純粋培養が確立された今は紙カップやプラスチック容器でも製造できるようになった。

この納豆の業界団体がタイトルの「全国納豆協同組合連合会」なのだが、ここのHPの中の「納豆百科事典」が面白い。

納豆菌は繁殖力が非常に強いため、醤油工場、パン屋、さらには生物関係の研究室などでは社内での食用を禁止していると云う話しや、 乳酸菌やイースト菌などの繁殖に悪影響を与えるため、見学を受け付けている酒蔵の中には「見学当日の朝食の納豆はご遠慮ください」と明記しているところもあるとか・・・。

それもそうだろう。納豆菌は他の菌よりも 繁殖力が強く分裂も早い。約30分ごとに倍増し、16時間で1個から40億個にまで増える。しかも酸性下でも死滅しないため胃を通過し腸まで確実に到達し腸内環境を整える。結果、在来の腸内細菌の活動が活発化し、人体の免疫力が向上する。

いいですね~、非常にいいですね~

しかし、そうは言われても嫌いな人は絶対嫌い!うちのベッピン姐さんもその一人。納豆の枯草菌と同じ種の桿状菌であるリネンス菌を使ったウオッシュタイプのチーズは大好きなのに、まことに不思議な人です。でも、まぁ、いいか。モン・ドールやエポワス、マンステールなどを食せば、ある意味同じことなので・・・。

ネバネバとした糸を引く納豆菌やリネンス菌は「粘菌族」と呼ばれる。この粘菌に関しては2015年6月2日の稚ブログ「年金125万件消失」でも紹介したが、日本に於いては南方熊楠を忘れるわけにはいかない。彼はこの粘菌の起源は隕石によって地球に降下した地球外生命体であると仮説している。小生思うに、多分それが真実。現代の科学レベルがそれを認めたくないだけではなかろうか、と・・・。そしてもうひとり、1905年(明治38年)納豆菌を発見した澤村真博士Bacillus natto SAWAMURA)のことを・・・。

再評価される「量子波動医療」と「メタトロン」

20177272957.jpg古くて新しい・・・

いや、新しくて古いが正しいか?

西洋医学でも東洋医学でもない、言うなれば我々が知らされている「2択」の外側にある「量子波動医療」。

メタトロン検査(全身スキャン・修復)費用はおよそ15,000円~25,000円ほど。個人的には東京・御徒町にある内海聡先生の東京DDCクリニックに注目しているが、10,000円ほどで受信できる東京・恵比寿のサロンもあるようだ。

診療内容の詳細は、実際にメタトロンを受診した「Aさん」、「Bさん」の体験談が参考になると思う。

次世代医療が外科手術&投薬の時代から、DNA&遺伝子医療へと進化しつつあるいま、人間ドックや定期健康診断もこのメタトロンを用いた量子波動医療に移りゆく気がしてならない。

You must change to remain the same

20176271557.jpg「変らずに生きてゆくためには、自らが変らねばならない」 by 巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督作品、1963年公開、伊・仏合作映画「山猫」より・・・

6月13日放送、TV東京「ガイアの夜明け」は、現在の日本の酪農、各種規制、介在する政府外郭団体、果てはバターの品薄現象の根本原因から流通までが分かりやすくまとめられた秀逸な番組だった。

数日間は視聴できるかと思うので、ひとりでも多くの人に視て戴きたい。

補助金や規制と云うものが、いつしか生産者や消費者を擁護するためのものではなくなり、規制のための規制となっていく過程が見事に描かれていた。

「山猫」のなかでタンクレディーが呟いたこの台詞こそ、政を司る者たちが日々反芻しなければならない金言と思う。

常識とは、観念の一つでしかない

2017611120.jpg日頃我々が「常識」と考える事象のうち、いったいどれくらいのものが適切として良いものなのだろうか。

テレビジョンが伝えていたから、それは常識か?

新聞に書いてあったから、それは常識か?

それとも・・・

「みんながそう言っている」から、それが常識か?

すべては個々人の選択であり因と果。これは宇宙の法則であり科学的には作用と反作用である。我々は往々にして反作用にのみフォーカスし、怖れおののき、嘆き悲しみ、怒りさえも増幅させる。しかしながら、多くの人はそれ以前に自身が放った「作用」を忘れている。

前慶應義塾大学医学部教授、放射線専門の近藤 誠医師からの警告・・・

P-THP 前田浩 熊本大学名誉教授:再掲

201753022246.png P-THP の「P」はポリマー。「THP」 はピラルビシン。

あらゆるものは日々進化する。

人間そのものの「意識」はもとより、我々を取り巻くこの環境やテクノロジーも然り。我々は進化・上昇するためにこの地球にやって来ているはずだ。

この惑星上には現在70億の人間が在籍しているそうだが、そのうちの「何人」かは人類の進化をどうしても歓迎できないようだ。彼ら「何人」かは、進化するのはその「何人」かだけで十分と結論付けているかのようだ。

実際この2000年の歴史を振り返るとき、その証左は人為的に操作された「負の指紋」として随所に散見される。要するに、「進化を装った意図的な退化の歴史」であったと云うことだ。

しかしアクエリアス(水瓶座)の2000年が既に始まっている。

「フリー・エネルギー」、「大麻草の真実」、「常温核融合」、「オオマサガス」、「電力の空間送電」、「スターリング・エンジン」、「反重力装置」、「オフグリット」、「副作用のない画期的な抗がん剤」 etc ・・・

「価値観」や「前例」、そして「常識」と云う言葉の牢獄に閉じ込められた者には決して理解できない時代が、既に始まっている。

*本エントリーは2017年1月23日配信・稚ブログ 「前田浩 熊本大学名誉教授」の再掲です。

ページ上部へ