ホーム>スタッフブログ>その他諸々・日々雑感

その他諸々・日々雑感

自粛宣言が解除されて・・・

20205284103.png4月7日に出された緊急事態宣言が5月25日約1カ月半ぶりに全面解除となりました。年末から翌年3月にかけ第2波の予感も囁かれる中、みなさま如何お過ごしでしょうか。

「事実は小説(報道)より奇なり」と申します。一息ついたこの時期に、「本当に起きたことはいったい何だったのか?」を検証する意味に於いて、各自周囲を今一度冷静に見渡すことも必要ではないでしょうか。もしもその検証を怠るならば、我が日本国民は再度同じ轍を踏まされることになるでしょう。それも数か月後に再度・・・。

COVID-19、パンデミック、ロックアウト、オーバーシュート、クラスター、ソーシャルディスタンス、ワクチン、ACE2受容体、アビガン、レムデシビル、イベルベクチン、カモスタット、PCR検査、抗体検査、CT、ECMO、BCG、・・・

この1カ月半のあいだ、これら聞きなれない「専門用語」にふりまわされた結果あなたの生活はどうなりましたか?あなたの周囲の景色はどう変わりましたか?あなたの大切な人の人生はどうなりましたか?あなたは実際何人の友人知人家族を亡くしましたか?あなたが本当に失くしたものはいったい何ですか?

事実は映像受像機から繰り返し流されるニュースではなく、リアルなあなたの周囲にこそあるのですね。「幽霊の正体見たり枯れ尾花・・・」

また、この日本国に於いて感染が最少に抑えられたのは「日本人の勤勉さ(自粛要請の厳守)にあった」と云う言質があります。まったくゼロとは申しませんが、残念ながらそれは正しくないようです。正しくは昨年10月ごろよりインパウンドにより感染、既に免疫ができていたこと。そしてそれが初期の弱感染力「Aタイプ」であったこと。そして何より日本独特の食習慣&生活習慣が結果抗ウイルス的であったことなど、実はこれら「幸運」の積算に依るところが大きかったようです。元来ウイルスは約2か月(正確には70日)で変異を繰り返しながら自らの効力を失っていくものなのです。都市封鎖をしてもしなくても犠牲者数に大きな差異はなく、沈静化する時期も変わりません。それは北欧スウェーデンと欧州各国のデータの比較から明らかです。

これから世界は、いやこの日本国も人心は大きく分けて二分化されてゆくでしょう。二極化と言っても良いです。次第に思考・言葉も通じなくなってゆくでしょう。そしてその後その「二極」は二度と再び交わることなく、時間の経過とともに目視不可の彼方へと離れてゆくでしょう。

おまけ: 実は、人類はウイルスによって創られた・・・(武村 政春 東京理科大学理学部教授)

小腹が空いた(笑)

20205140128.jpg小腹が空いた・・・

いや、小バラが咲いた!(笑)

お久姉さんに「小バラが咲いたよ!」と報告をしたところ、「あなたは欠食児童ですか!?」と・・・。誤解が解けて二人で大笑い。こんな些細なネタでご飯が3杯食べられるユーロアールは日本一の果報者ですね。(笑)

さて、給付金とRNAウイルス事変で世間が盛り上がる中、エントランスの一角に可憐なバラがひっそりと花を付けました。この花びらのすべて、よくよく見れば、「1:1.618」の黄金比率で構成されているのです。何と云うことでしょう、この精緻な宇宙の法則とは・・・。

建造物、動植物、人体に至るまで、地球上の美しきものすべて、この黄金比が当てはまるのですね。

ふと、50年ほど前の「五月のバラ」を聞きたくなってしまいました。

ロックダウン・ストックホルム症候群

20205712729.jpg地震・雷・火事・オヤジ・・・

4日・5日と続けて緊急地震速報、明けて6日は突然の雨と夜まで続いた雷鳴・・・

やること成すこと全てが頓珍漢の「アベこべ日本」に天からの警告か?

そんなゴールデンウイーク(実際は既に1か月w)の終わりに、みなさま如何お過ごしでしょうか。

為政者とメディアが煽る自粛ムードに人々は疲れはじめ、全産業が衰退と消滅に向けてまっしぐらです。潤沢な内部留保を擁する大企業とて音を上げるのは時間の問題となってきました。このままではこの疾病による直接の犠牲者より「関連死」が上回る予感さへしてきます。もう笑い事ではありません!故国存亡の危機と言っても差し支えありません!待ったなしです!

ここへきて市民が市民を攻撃する「自粛警察」なる勘違いをした輩による「歪んだ正義感の暴走」まで現出。まるで戦時中の隣組制度や特高警察の時代にタイムスリップしたかのようです。あぁ、国家が国民を一つ方向に向かわせる手順はこのようなものだったのか、と、いま実感しているところであります。この騒ぎが終息したのちの「検証」のためにも、いま「誰が」・「どの組織が」・「何を言ったか」・「何をやったか」を正確に記憶・記録しておくとことはとても重要と思います。2039年に向け、焦土を再生する上の様々な仕分け作業に役立つでしょうから・・・。

そして今日は「indeep氏」の記事「なぜ多くの欧米メディアは「スウェーデンの何もしない対策」を否定したがるのか」と、経済アナリスト藤原直哉氏の「日本経済の今後・・・」を問題提起の一助に・・・

HA-200413

202041222508.jpg静かなる春 初めての春

旅人の心 ここにあらず

満開の桜花見あげる者 一人としてなし

静かなる春

 

人それぞれの 思い悩みを高みから

そっと微笑む大自然

静かに時を刻みます

 

集まれば それは宇宙です

この嵐の後に顕在化する「新世界」とは

202033112236.jpgこの方、イスラエルの歴史家ユヴァル・ノア・ハラリ(42)さんです。

世界の知識人のなかでもその見識を高く評価されている彼が、今回の「全世界的な未知のウイルス」が人類に与える影響をどう見ているのか。英紙「フィナンシャル・タイムズ」への緊急寄稿から・・・。

「非常事態が“日常”になったとき、人類は何を失うのか」

この命題で、ふと脳裏をよぎるのはあの英国人作家ジョージ・オーウェルが1949年に発表した近未来ディストピア小説「1984年」です。ディストピア、即ちユートピアとは真逆の世界観です。

この地球がわずか数人の人間に管理されるディストピアとなるのか、はたまた全人類が互いの違いを認め合い、助け合い、分かち合う思いやりに満ちたユートピアとなるのか・・・。その選択は現在を生きる我々一人ひとりの手中にあるのです。そしていま我々はその分岐点に立っているのですね。既にイエス生誕からのパイシス(魚座)2000年が終わり、新たにアクエリアス(水瓶座)の2000年が始まっているのですよ。

折しも3月26日(木)、イギリスのブラウン元首相がコロナ対策を名目に「世界政府=NWO(新世界秩序)」の樹立を世界の首脳に呼びかけました。「ついに総本山から最終目的が・・・」と思ったのは私だけでしょうか。彼らは国家や民族などと云う概念を持ちません。多国籍企業の振る舞いを見ればわかると思います。すでに通貨も決済も世界政府が一元管理するデジタル通貨制度が考案されていますし、今回のパンデミックはそのためのトリガーなのかもしれません。

私思うに、たぶん、路地裏で起きていることはその路地に入らなければ詳細は分からないでしょう。しかしながら、少し高い建物の上から見ることができたなら何故それが起きたのか、その経緯が分かるかもしれません。さらに、鳥のように空からその路地裏を含む町全体を見ることができたなら・・・。まるで高速道路の帰省渋滞をヘリコプターから見るがごとく、です。

3月29日(日)、ほとんどの日本人が知っている70歳のキュートな芸人がコロナウイルスに倒れました。体調不良を訴えてから2週間以内。もう一度言います、2週間以内、14日です。もう遠い国の出来事でもなんでもないです。明日の自分自身、そして自身の大切な人のことでもあるんですね。

お肉券?お魚券?、やっぱり私は日銀券!(笑)

202032915442.jpg現在進行中の惑星地球新型コロナ事変・・・。

世界規模のサプライチェーン崩壊と経済の停滞を目の当たりにし、今回の大規模感染終息後に姿を現す「新世界」の姿、そしてその新世界に住む人々の思考、社会システムの変容など、いま、様々思い描いている。

さて、欧米各国政府の1月~2月における感染初期対応には「?」があるものの、自国がアタックされた後の対応は迅速かつ的確。さすがアングロサクソンの面目躍如といったところか。それに引き換え、モンゴロイドはまだ会議の真っ最中で、あーでもない、こーでもないと結論を出せないでいる。まるで火災が鎮火した後に駆け付ける消防車のごとくw

中国富裕層をメインターゲットに誰も買えない価格帯にまで釣り上げた霜降りA5等級の牛肉など、すでに、もう、とっくの昔に、この国に暮らす日本人のものではなくなっていた。庶民は日々スーパーで米国かオージービーフ。そんな「博物館に飾ってあるような高級品」をいまさらお肉券で救済と言われても・・・。そう云うことも含め、この嵐が去った後には、インパウンド重視政策をはじめ、日本人全員が「本当に大切なもの」を思い出さなくてはいけないでしょう。そしてそいう指導者を選ばなくてはいけないでしょう。以前にも書いたが、GDPの60%は内需(国内消費)であることを忘れた国家と民族は滅びる。

そんな折、現状全体を俯瞰した的確なまとめと思われる「佐藤治彦氏の寄稿文」を見つけたので転載。一理も二理もありますぞ! アベまで届け!みんなの思い!w

 

天岩戸開く

20203615444.jpg南極以外全滅という説もある昨今の新型肺炎パンデミック・・・。な~んか昭和の角川映画「復活の日」まんまと云う感じになってまいりました。

「神よ、あなたは何をしたのか・・・」

いやいや、そうではない。正しくは、人類はそして人々は何を間違えたのか・・・ だろう。

RNAタイプウイルスCOVID-19 は表層の突起が太陽(コロナ)フレアーに似ていることからそう名付けられたわけだが、この混沌極まった21世紀の世に何故に「コロナ」かと・・・。

物事を成就させるには常に相反する2つの方法があるわけです。分かりやすい例はイソップの寓話「北風と太陽」ですね。

私思うに、今回のコロナ(太陽)は古事記・日本書紀にも記されている太陽神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の使いではないかと・・・。そして今まさに「天の岩戸」が開こうとしているのではないかと。要するに北風の要素を持たせた太陽ではないかと・・・。

周囲を見渡せば、自国民の生活が日に日に苦しくなる中、外国人が落とすインパウンドマネー信仰を人々に流布。また多数が望んでもいない賭博誘致に固執。多くの国民が、「何かがおかしい」と気付き始めている。東京銀座の「惨状」、観光地京都の「惨状」はいったい我々に何を教えているのだろうか。何に気付けといっているのだろうか。

ここは日本国であり、我々は日本人です。GDPの分母は日々の国民消費から生み出されるものです。先に敢えて「惨状」と書きましたが、今の状況を惨状と感ずる人とはどう云う考えの人でしょうか。反対に、そうは思わない人とはどう云う考えの人でしょうか。

間もなく天の岩戸が開きます。これまで跋扈していた魑魅魍魎はつよい光の中に消えてゆくことでしょう。

我々はいま、本来あるべき形とは何かと云う普遍でありかつ不変の原理原則を探しに、来た道を少しだけ戻らなければならないかもしれません。

※ お隣の南朝鮮のニュースは、ある意味「太陽」が勝った事例でしょうか。

緊急再掲:日月神示

202021631458.jpg天津の神の予言ともよばれる「日月神示」とは、1944年(昭和19年)6月10日、千葉県成田市の麻賀多神社の代理神主を務めていた岡本天明に降りた、高級神霊である国常立尊(くにとこたちのかみ=スサノオ)による神示を自動書記により記述した文書であるといわれる。

「伊勢-白山 道」 氏の2月9日の記事によれば、日月神示は、正神界からの神示が3割。その他7割は、「その他」の世界からの「うさばらし」「個人的なフラストレーション」から出たものだと感得します。
でも、幽界が強い昭和のアノ時代に(筆者注:現代は幽界はほぼ消滅している)、正神界からが30%もあれば、物凄い神示であるのは間違いないです。正神の言葉30%と、その他の言葉70%を、嗅ぎ分ける霊覚が要求される神示です。これも、「読む側が試されている」「天から挑戦されている」という仕組みがされた神示です。
とある。

○○○バーグ氏ではないが、「信じる信じないは、あなた次第です!」ではあるが、しかし・・・

小生ときおりこの書物に目を通すのだが、この神示を読み進みつつそこに現代(在)の世情を重ね合わせたとき、常に偶然とは思えない幾つもの一致をみる。天明は「神示が降りるときには手と腕が痺れ自由が利かなくなり筆が勝手にすすんだ」と回想している。書かされた文書とも記号ともとれぬものは、天明自身も当初は判読不能だったという。それがこの写真。

「この筆示は8通りに読めるのであるぞ」と言われる全52巻(うち13巻は現在に至るも非公開)はあまりにも長く、あまりにも難解。手元に現代文に訳した原書「ひふみ神示」があるが、やはり「難解」。そこでネット上で見つけた全訳を「ここ」に貼っておくので、ピンときた方はどうぞ。内容は海より深いです。

現在進行形の我々にとりこれからの50年間くらいが影響する「近未来」と思うので、そのあたりの抜粋を以下に箇条書き・・・。1995年1月17日を合図に始まったこれからの800年(135度文明=ムー・レムリア文明の再興)にも思いを馳せてみてはいかがだろうか。

  • 2015年から2018年の3年間の日・月の祓い(火・水・火山・地震)を凌ぎ
  • それから、2019年から2030年までの大峠の12年間(本格的な疫病・戦争)を生き残り いまココ
  • その後の2031年からの「壱からの復興」の9年間を生き延び
  • 2039年の日本晴れを多くの人と見られるようにしてくだされよ
  • 富士は、晴れたり、日本晴れ

お、ねだん以上!!(第二弾!)

20201712735.jpg「あたらない、あたらない・・・」は菅官房長官の口癖だが、ニトリホールディングス会長・似鳥昭雄氏の近未来予想は「当たる!」(笑)。 2年前の稚ブログ「お、おねだん以上」でも取り上げたが、ほぼ的中であった。

五輪後の日本経済の行方を思い込み100%で解説する自称専門家、果ては「五輪が終わるんだから『御臨終』ってのはどうだ?」などと云う無責任極まる言は オ・イ・ト・イ・テ・・・

我らが似鳥昭雄会長の「今年の読み」をとくとご覧あれ。

I.M.F. 国際通貨「飢饉」

201911271700.jpg日本は2050年までに消費税20%にしなさい!

ですって・・・

「オーケー、ブーマー」(笑)

I.M.F.国際通貨「飢饉」のクリスタリナ・ゲオルギエバおば様の御提案です。

ありがとうございます。お言葉、たしかに、ありがたく頂戴しておきます。

ブルガリア出身のゲオルギエバおば様は前任のクリスティーヌ・ラガルドさんの後任としてこの10月に就任されました。イメージ的には「前任」より「善人」に見えますが、小生の目は節穴ではありませぬぞ(笑) やらせはせん! やらせはせん!

2019112717045.jpgここ日本には「二人羽織」という古典芸能がありますが、この度の「来日アトラクション」、もろにそれですね。確かに客席から見えるのはあなたですが、羽織の中に隠れているのは上のオジサンでしょう。知らない人以外みんな知ってますよ~。

オジサンの名前は古澤満宏さんです。東大法学部卒の元財務省官僚、現在米国ワシントンD.C.のI.M.F.に出向、副専務理事の任に在る方ですね。日本国内では怖くて言えないので(刺されて死んじゃう~)、太平洋を隔てておば様に囁かせたのですね。

おば様もおば様です。そこはキチンと「そんなに消費税上げたいなら、あんたが自分で言いなさいよ!」と言わなけりゃ、ねー。

就任したてでもあり、今回だけは先輩格オジサンの頼みを聞いてあげたのでしょうが、10%に上げたばかりのこの時期に、このステートメントはさすがに時期が悪うございましたね。

ご苦労様でした。

だって、消費税20%と云うことは1億円のマンション買ったら2千万円の税金ですもんね(笑)

追記:I.M.F.バビロニアン・マネー・マジック

ページ上部へ